スニーカーを選ぶときはちょっと○○がイイ

ここ何年かで世の中の流れはすっかりエフォートレスへと変化しています。

街ゆく女性もがんばらないお洒落が主流で、足もともハイヒールの女性は少数派になりました。

あのセレブも「ハイヒールはもう無理」と宣言

あんなにハイヒールを愛していたヴィクトリア・ベッカム。ハイヒールを履いてトレッドミルでウォーキングをしている写真を見た時はびっくりしましたが、そんな彼女も今ではスニーカーかフラットシューズです。

「ハイヒールはもう無理」と言っているのでひょっとしてドクターストップがかかっているのかも?

 

でもスニーカーはバランスが難しい

だけど普段ヒールの人が急にスニーカーを履こうとしても、なんだかどれも似合わないし、しっくりこない気がするという声も多く聞きます。

 

靴は種類によって大きさを少し変えるのがポイント

sandals

サンダルを選ぶときは台からかかとが少しはみ出る位。草履や下駄を選ぶときと同じです。

 

pumps

パンプスはぴったりサイズ(じゃないと歩けない)

スニーカーは少し大き目を選ぶ

sneakers

スニーカーやブーツは自分の本当の足のサイズより少し大きめを選ぶと全身のバランスがよくなります。

わたしは身長161センチに対して足のサイズが22.5~23センチと小さい方なので、スニーカーやブーツを履くときは24~25センチ位のものを選んで、厚めのソックスや中敷きで調節しています。

スニーカーが苦手で・・という方はサイズを少し大き目に変えて全身を見てみてくださいね。自分ではよく分からない時は普段スニーカーを履きなれている男性やお友達に見てもらうといいですよ。

スニーカーの選び方

健康のためにもハイヒールはあまり歩かない時に履くようにして、普段はスニーカーや低いヒールのものがよさそうです!

 

 

 

Twitter でかぬま えみをフォローしよう!

横浜でパーソナルカラー・骨格診断・メイクレッスンを受けるなら

スタイルフィロソフィーは30代40代の「何を着ていいか分からない」というお悩みに応えます!ご相談はお気軽に


★10月のお申込みは終了しました★
★11月のお申込みを開始いたしました★⇒土日祝は満席となりました!残席わずかです
★12月のご予約を開始しました★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

かぬま えみ

横浜のイメージコンサルタントかぬまえみです。 30代後半からの大人の女性のファッションとヘアメイクのご相談に乗っています。 このブログはファッションやヘアメイクのことなど毎日の生活にすぐに役立つ情報をお届けします。