シンプルで理想的なワードローブへ その2.コーディネートを組んでいく

シンプルで理想的なワードローブを作るために

前回は手持ちのアイテムをすべて書き出してみよう、というところまででした。

wardrobe planningシンプルで理想的なワードローブへ その1.手持ちの服を見える化する
クローゼットはパンパンなのに明日着る服がない!少ない服で着回ししたい!ワクワクするクローゼットにしたい。 そんな風に思ったら...

ひとによってお買い物のくせがあるので、それを発見するだけでも面白いと思います。

「なんだ我が家はボーダー天国じゃん!」と気が付いたり、またはジーンズ大臣だったり、スカート御殿だったり(わたしです)。半パンの沼(夫です)だったりするものです。

片寄っていた場合、多すぎるアイテムを減らすのがいいのか考えるのはまた今度にして、

ひとまず今回はコーディネートを作ってノートに書いてみましょう。

トップスひとつひとつに対してコーディネートを作る

例:【グレーのVネックニット】に合わせるもの

1)ホワイトデニム+黒のレザースリッポン+ネイビーのダウンベスト+ホワイトゴールドのネックレス

2)ブルーデニム+ピンクベージュのパンプス+チェックのストール+クラッチバッグ

3)ネイビーのガウチョパンツ、ネイビーのスエードパンプス+グレージュのバッグ

・・とこんなイメージでコーディネートを組んでいきます。

言葉で書くのも〇です。が、ここは絵で描いた方が断然分かりやすいです。

このノートは自分しか見ませんのでへたっぴな絵でも大丈夫です。

トップス+ボトム+シューズ+バッグ+アクセサリー、ストール、アウター、それにタンクトップなどのインナーや、タイツまでお忘れなく。

新しいコーディネートを思いついたら着てみる

服のコーディネート

コーディネートを書いているときに、やったことのないコーディネートが思いついたら、実際に合わせて着て姿見で見てみましょう。ちゃんと靴も履いてみてくださいね。

このコーディネートづくり、パズル好きの方はきっと面白いと思います。

すべてのトップスに対してコーディネートを組んでいくと、また色々と見えてくるものがあります。

つづきはまた今度。

それではまた~(*‘∀‘)

 

 

Twitter でかぬま えみをフォローしよう!

横浜でパーソナルカラー・骨格診断・メイクレッスンを受けるなら

スタイルフィロソフィーは30代40代の「何を着ていいか分からない」というお悩みに応えます!ご相談はお気軽に


★10月のお申込みは終了しました★
★11月のお申込みを開始いたしました★⇒土日祝は満席となりました!残席わずかです
★12月のご予約を開始しました★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です